watch over me

overwatchの感想

リリースされてから今までやっててキャラはチームに合わせてピックしてるけど大体サポートが7割タンクが2割アタッカーが1割って感じ ディフェンスは知らん

そんなほぼサポ専の僕がoverwatchについて少しほざいていきたいと思う


#ロール
・タンク
前線を上げる、キープするキャラクター
チームで6人固まって動くなら戦闘に立ってそこそこの火力を出しつつ味方をかばって前に進んでいく

・アタッカー
HPがタンクの1/2程度しかないから前線をあげる能力が無い
その分タンクより火力がでるから火力をだして敵を倒すのに貢献していく
チームで固まって動くならタンクの後ろ

・サポート
サポ専の俺がいうのもなんだけど将棋でいう王将だと僕は思っている
どれだけタンクやアタッカーがダメージを負っても死にさえしなければ無限に回復し続けられる
逆にサポートが落とされるとタンクやアタッカーが受けれるダメージが一定になってしまうからサポートが残ってる相手と戦うのはどう考えても不利
チームで固まって動くなら最後尾

・ディフェンス
ディフェンスタイプのキャラは癖が強いキャラが多く役割を持ってピックされると思うのでその役割に従って動くべき
無作為にピックしても活躍しにくいキャラ達だと思う



#好きなキャラを使うこと ○○専
このゲームは1つのキャラを極めるより味方や相手の編成に合わせて柔軟にピックができたほうが遥かにチームへの貢献率が高いと思う
特に見ず知らずの人とプレイすることになるライバルマッチなんかではキャラかぶりなんて日常茶飯事だしキャラの相性次第ではどんなにそのキャラクターの理解度が高くてもチームに貢献できないマッチがでてくる
そういった時に効果的なキャラクターはなにか、不要なキャラクターはなにか素早く判断して構成を変えていけるとチームにとってプラス

あとはアタッカーが面白いからアタッカーを使う、サポート、タンクがつまらないからアタッカーを使うって人がちらほら散見されるけど必ずチームのバランスを考えてやりましょう 
そのつまらない役職であるサポートがいないとゲームが成り立ちません 一人でキルをするゲームではなく6人で目的を遂行するゲームです
アタッカーは確かにキルはできるけどキルできる状況を作っているのはサポートやタンクのおかげ、むしろキルができて当然でありサポート、タンクが潤沢に揃っているチームなのにキルができていないアタッカーはさっさと変わりましょう 明らかに役割を果たしておらずチームにとってマイナスです チームに貢献できていないけどこれ以外に使うキャラがないという人はこのゲームが下手な人でプレイヤーとしての価値も低いところにあります 使えるキャラを増やしましょう


#試合
基本ではあるけど何をするにもある程度の人数がまとまって動いたほうがそれぞれの役割を果たせるため強いです
単独行動は集中砲火を浴びて即死します、無限にリスポーンできるから何回死んでもいいと思ったら大違い
リスポーン時間の10秒+合流までの時間を合わせるとマップによってまちまちだけど相当な時間戦闘に参加できません
この間に乱戦に突入すると5vs6の戦いを強いられて単純に不利

ultも同じで単独で苦し紛れにultをうっても大した成果を上げられず死んでしまうでしょう
しっかり効果敵に使えるかを見極めて使いましょう
自分が死にそうで効果的にultが使えなそうで逃げれもしない時は死ぬのが最善の手です
死んで合流するまでの時間とultを溜め直す時間を天秤にかけましょう

基本的にultを合わせて使っておけば時間がかかってもポイントが取れたりペイロードが押せたりするので
格上相手にもコイントスでワンチャン生まれるのが今のライバルマッチの仕様


とりあえずこんなもんですかね
このゲームでとにかく大事なことはキャラの役割を果たすことだと思います
タンクだったら前線をあげる、アタッカーだったらダメージを稼ぐ、サポートだったらなるべく死なないように立ちまわってより多くのヘルスを回復する


最近はハースストーンをあんまりプレイしてなくて深刻なネタ不足だから次回の記事はキャラの感想でも書こうかな
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する