君に預けし我が心は

Cgk2mSMUUAA7M6W.jpg

レジェ定期

今シーズンはzooとシクパラを使いました
おかげさまで特に苦労することなくレジェンド

このシーズンに関してはもう書いても意味が無いのでナーフされたカードや新カードについて適当にほざいていこうと思います

□ナーフ

・知識の古代樹
やっぱりアジュアドレイクと比べるとかなり見劣りしてしまう
厳しそう

・自然の援軍
コンボはゲームバランスをかなりぶっ壊してたと思うのでまあナーフされて当然かなという印象
ナーフ後もデッキは選ぶものの採用する可能性が残っているカードなので良調整なのでは?

・木立の番人、鉄嘴のフクロウ
サイレンスをデッキに入れる場合それなりのリスクを・・・というのがブリザードの意向らしい
この辺の調整で価値が上がるカード下がるカードが出てきそう
ヴァンクリーフ暴れができて僕は嬉しい

・大物ハンター
これまた環境に大きな影響を与えそう
ヴァンクリーフ暴れができt

・狩人の狙い
ハンターという職にあっていなかっただけで超絶パワーカードだったと思います
今後の環境を見越してということかな?

・千仞乱舞
はっきりいってゴミですね
4マナにして既存の効果のままか2マナでミニオンにしかダメージ入らないとかだったら採用の余地があったかもしれないのにその両方とは・・
カードデザインの障害になっていたという割にはローグの武器関係の新規がないしローグが前環境で猛威を振るっていたわけでもない、寧ろ千仞乱舞のおかげでかろうじて戦えてたといっても過言ではないのにそれを取り上げるのは理解しかねます
このナーフは少し疑問が残る

・ナイフ・ジャグラー
効果は変わらないながらもコドーで破壊されたりカバルで奪われたりコルクロンで一方取られたりステータスが変わったことはかなり大きそう
でもやっぱり効果が強いからなんだかんだで使われそう

・レプラノーム
トレード能力が落ちていて盤面に残してもプレッシャーが少なかったりで中々に弱体化されてる
多分使われないかなー

・魔力のゴーレム
ゴ↑ミ↓

・溶岩
んーわからない

・変装の達人
ナーフ情報をみて初めてこいつの隠身が永続だったことを知った
カードデザインに障害を与えるようなカードは修正したほうがいいですね
元々構築でも全然使われたなかったし


□新カード
かなりの量カードがあるんで注目しているカードをいちいち上げていったらきりないんで5つに絞りたいと思います
twitterでもこういう企画あったし

・禁じられた古代樹
バニラながらもいつ出してもそのマナのスタッツを満たしてるって普通に強いと思う
事故軽減にもなるし

・call of the wild 
チャレンジャーみたいに盤面とった状態で使うのかなーという想像

・無貌の召喚士
書いてあること強い、3マナミニオンって結構放置すると負けに直結するようなミニオンがいたりするから恐ろしそう

・炎をまとう無貌のもの
貫禄の7/7

・クトゥーン
ネタなのかガチなのかこのカードの行方が本当に気になる
ガチだとしてもミラーマッチで引いてると引いてないでは差がありすぎるんで大振りなカードだなーという印象(遊戯王っぽい)
こいつの抑止力としてシルヴァナスが強そう というかシルヴァナスは単純に次の環境強そう

ざっとこんな感じ
他にもドルイドの新レジェとかクトゥーンに選ばれし者は強いんじゃないかなーと思っています


新環境は新カードやナーフされたカードを見る感じブリザードは高マナと高マナがぶつかり合うような環境を所望しているみたいですね
しかしその中でもありきたりですがトップメタはシャーマンなんじゃないかと思います
ぱっと見強いカードが何枚もあるし、ミッドもアグロも両方いけるし
沈黙が見直される中大地の衝撃が1マナで使えたり色々と優遇されてるとしか思えない
次の環境はシャーマンを中心として回っていくのではないでしょうか

少し駆け足で雑な記事になってしまったけどこの辺で終わりたいと思います
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する